≫ラベルリストをもっと見る

イスラエル人襲撃拡大=民衆蜂起への発展懸念―「正当な闘争」と反論・パレスチナ

2015/10/19 11:27
エルサレム旧市街にあるイスラム教とユダヤ教の聖地をめぐる対立をきっかけに始まったパレスチナ人によるイスラエル人襲撃事件が止まらない。 被害の拡大を避けたいイスラエルは軍事的圧力を強めたが、パレスチナ側はますます反発、混乱収束の気配は見えない。 対立は10月に入って激化し、イスラエル政府は14日、治安強化に踏み切った。襲撃事件の容疑者の多くが住んでいた東エルサレムでは、道路に巨大なコンクリートの塊を置いたり、検問地点を設置したりして住民の出入りを制限。各都市でも兵士..

続きを読む

もっと見る