≫ラベルリストをもっと見る

<認知症家族介護>在宅継続、4割が困難 2割は「一日中」

2015/12/30 09:30
◇滋賀・守山 市内の家庭にアンケート 約4割が「自宅での介護を続けるのは難しい」と考えていた--。地元で起きた介護殺人事件を機に、滋賀県守山市が認知症の家族を介護する市内の家庭(約1600世帯)にアンケートをしたところ、こんな結果が出た。2割近くは、昼夜を問わず一日中介護をしていると答えた。守山市は事件の再発を防ごうと、調査結果を参考に介護者の支援策の検討に乗り出した。 介護疲れによる殺人や心中は後を絶たないが、事件を受けて自治体がこうした調査をするのは異例だ。 ..

続きを読む

肺炎「重い病気」認識薄く 静岡県内、全国4番目に低く

2015/12/09 16:28
製薬企業ファイザーが、高齢者の肺炎に対する意識や予防策をアンケートで調べたところ、本県の回答者で肺炎を「死につながる重い病気」と考えているのは40・7%で、全国で4番目に低いことが8日までに分かった。肺炎はがん、心臓病に次いで日本人の死因第3位。同社の担当者は「予防意識を高めることが重要」と話し、昨年から公費助成が始まった肺炎球菌ワクチンの接種を呼び掛けている。 7~8月、全国の、主に65歳以上の高齢者7050人を対象にインターネット調査を実施し、本県は150人が回答し..

続きを読む

もっと見る