西条・西山興隆寺「牛石」 本堂再建の労ねぎらう

紅葉で知られる西山興隆寺(愛媛県西条市丹原町古田)の参道中腹には、牛の形に似た巨大な石「牛石(うしいし)」がたたずんでいる。

本堂再建工事の際に、資材を運んだ牛が倒れた場所で、当時の人々が似た形の石を使って葬ったという。石には口のような割れ目があり、訪れる人が草木をはませて労をねぎらっている。




https://www.ehime-np.co.jp/article/news202101040038