千葉や神奈川で頻発「異臭騒ぎ」なぜ起きる? 天然ガスや地震の前兆説も

神奈川県内で今年6月以降、ガスのような臭いに関する通報が相次いでいる問題で、千葉県でも昨年5月以降、異臭騒ぎがあったことが注目されている。いずれも原因は特定されていないが、共通点を指摘する向きもある。

千葉県大気保全課によると、昨年5月8日に千葉市、八千代市、印西市で「焦げ臭い」「ガス臭い」などと約130件の異臭に関する通報が寄せられた。同課の担当者は、「海上保安庁にも確認しているが、原因は分かっていない」と語る。

今年7月5日にも同県船橋市で「ガス臭い」と17件の通報があった。県内では例年、5~10回程度の異臭騒ぎがあるというが、昨年5月の異臭については「100件超の苦情があった。最近では多かった」(前出の担当者)という。

八千代市に近い九十九里町では2004年、町立博物館で滞留した天然ガスが引火し爆発、人的被害も出た。

周辺地域の特徴について、立命館大学環太平洋文明研究センター特任教授の高橋学氏は、「千葉県を含む東京湾東側の約3分の2のエリアは、地下に天然ガスが埋蔵されているといい、地殻変動などで地表面に出てくる。ガスは無色無臭とされるが、不純物が混じって臭いがすることも考えられる」と説明する。

神奈川県の横須賀市や三浦市、JR横浜駅周辺で異臭に関する通報が相次いだのは1年後の今年6~10月だ。

神奈川県は、横須賀市で発生した異臭について採取した大気を析した結果、ガソリンなどの蒸発ガスに含まれるイソペンタンやペンタン、ブタンが検出されたと発表した。

横浜市の分析結果とも一致している。神奈川県の担当者は「自然由来を全く否定できるものではないが、人為的な施設から出てくるものではないか」との見方を示す。

異臭の原因については、タンカーが油を荷揚げした後、タンク内の可燃性ガスを排出する「ガス・フリー」と呼ばれる作業によるとの見方や、海中で大量発生した植物プランクトンが分解される際に海水の酸素が減り、硫化物を含んだ海底近くの水が海面に上昇して青白く見える「青潮」説もある。

1923年の関東大震災当時、三浦半島でガスが噴出した記録などから、地震の前兆との見方も出る。

前出の高橋氏は「三浦半島と房総半島の南端は活断層が露出しているという共通点もある。千葉県で異臭があった地域周辺は地震と関係なくガスが噴出が起きることは十分あるが、フィリピン海プレートが北米プレートの下に徐々に潜る位置に当たる。1つの分析結果で決めつけないことも重要だ」と注意を促した。




https://www.zakzak.co.jp/soc/news/201022/dom2010220001-n1.html