学校側「動員、基本的にない」 チベット、職業訓練校を初公開

中国政府は21日までに、チベット自治区東部ニンチー市にある職業訓練校を共同通信など一部内外メディアに公開した。

チベットで職業訓練が強制されているとの報道が9月にあった後、職業訓練校を公開するのは初めて。学校側は「志願に基づいており、動員は基本的にない」と否定した。

公開されたのは「ニンチー市職業技術学校」で、自治区内に12ある職業訓練校の一つ。

生徒数は約2200人で99%がチベット族。高校に相当し、貧困層対策を重視した科目が多い。貧困家庭の生徒には学費や生活費を政府が全額負担する。

チベットは観光業が成長産業で、生徒たちは中国茶の入れ方などを学んでいた。




https://www.ehime-np.co.jp/article/ky202010210203700010