愛媛FC 川又(西条出身)の千葉と激突 きょう12日 ホーム戦

愛媛FCは12日午後7時から、県総合運動公園ニンジニアスタジアムで千葉と対戦する。

今季2度目の5連戦の最終戦。コンディション調整の難しさはあるが、持ち味を示せなかった前節の敗戦から切り替え、ボール保持率を高めて試合を優位に進めたい。

通算成績は4勝4分け10敗(勝ち点16)で20位。前節の北九州戦は球際での勝負強さで劣り、0-1で完封負けを喫した。川井監督は、決定機を多くつくらせなかった守備面には一定評価をしつつ、「もっとやれる自信があった。局面で力負けしてしまった」と振り返る。

6勝2分け10敗(勝ち点20)で16位の千葉は、元日本代表で西条市出身の川又堅碁をはじめ、J2屈指のタレントがそろう。川井監督は「われわれと同じ思考を持つ東京Vや北九州とはタイプが違うチーム。(高い)身長にしっかり対応していきたい」と警戒する。

2月に負った左アキレス腱(けん)断裂のけがからの復帰が予想される吉田真紀人は「ようやく戻れるチャンスをもらった」と感謝。古巣相手に対し「個人的な意識はない」とし「少しずつコンディションを高めて、チームを助けるプレーをしたい」と意気込んでいる。




https://www.ehime-np.co.jp/article/news202009120009