尖閣諸島の字名変更案を可決 石垣市議会、中台反発か

沖縄県石垣市議会は22日、市の行政区域に含まれる尖閣諸島の住所地の字名を「登野城」から「登野城尖閣」に変更する議案を、賛成多数で可決した。

10月1日から効力が生じる。領有権を主張する中国、台湾が反発を強める可能性もある。

議案は今月9日、中山義隆市長が市議会に提出。

市の担当者は取材に「『尖閣』の文字を入れることで、石垣島市街地の字名の登野城と混同して起きる行政手続きの事務的なミスを防ぐため」と説明した。

尖閣諸島周辺の領海では5月上旬、日本漁船が中国海警局の船に追尾される事例があり、中国などへのけん制ではないかとの見方もあるが、中山氏は市議会で否定した。




https://news.yahoo.co.jp/articles/42db22f455f7a74c3393d80780cb425c28258fd4