日本水産、缶詰5万6千個を回収 菌混入で膨張、いわし水煮

日本水産は29日、ベトナムで製造し、輸入販売している缶詰「ニッスイいわし水煮(175グラム)」に、膨張している商品が見つかったため、自主回収すると発表した。

対象は5万5872個。缶の加熱殺菌工程の後に常在菌の一種が混入したことが原因とみられる。現時点で健康被害の報告はないが、食べると下痢などの症状が出る恐れがあるという。

回収対象は賞味期限が2022年7月または同年8月と記載された商品。問い合わせは通話無料のお客様サービスセンター、電話(0120)837241。

9月に全国で発売した。9月25日、量販店の従業員が商品を陳列する際に膨張に気づいた。




https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191029-00000122-kyodonews-soci