多頭飼育が崩壊 保護猫一気に35匹 飼い主探し難航 旭川市動物愛護センター

旭川市動物愛護センター「あにまある」が、多頭飼育が崩壊した市内の家庭から成猫35匹を保護した。

施設で収容可能な猫は42匹。飼い主探しは難航しており、引き取り手が見つからないとパンク状態になる恐れがあるという。

センターが飼い主の要望を受け、10〜16日に雑種の雄17匹、雌18匹を保護した。

人気のある子猫と違い、17日現在、飼い主は雄1匹しか見つかっていない。

今後、この家庭に残る2匹も引き取る予定で、センターは「施設の猫はいっぱい。他の飼い主から新たに受け入れられなくなる」と頭を抱える。

問い合わせは市動物愛護センター(電)0166・25・5271へ。




https://news.goo.ne.jp/article/hokkaido/region/hokkaido-355600.html