姉秀子さん、実現に期待 ローマ法王、袴田さんと面会調整

ローマ法王フランシスコが11月下旬の訪日時に、死刑が確定し第2次再審請求中の袴田巌さん(83)=浜松市中区=と面会する方向で調整が進んでいることについて、袴田さんの姉秀子さん(86)は14日、取材に「実現すればうれしい。何としてでも巌を連れて行こうと思っている」と期待感を示した。

関係者によると、弁護団や日弁連が昨年、面会を要請していた。

秀子さん自身も今年に入り<(袴田さんの)手を握ってくだされば最高の贈り物です>などとしたためた手紙を送っていた。

秀子さんは「再審がどうのこうのなんて言うつもりはない。会っていただければ、それだけでありがたい」と話した。

「浜松 袴田巌さんを救う市民の会」共同代表の寺沢暢紘さん(74)=同区=は「日本の死刑制度の是非を真剣に議論するきっかけになれば」と語った。




https://www.at-s.com/news/article/social/shizuoka/681728.html