JR予讃線・松山―今治 行楽の秋、楽しんで サイクルトレイン運行開始

自転車をそのまま列車に持ち込める「サイクルトレインしまなみ号」の秋運行が14日、JR予讃線松山―今治間で始まり、サイクリストが愛車と共に松山駅(愛媛県松山市南江戸1丁目)を出発した。

安全で快適に自転車を楽しめる環境の充実や観光振興を図ろうと、県などで組織する「しまなみサイクルトレイン利用促進協議会」が、2009年5月から春と秋に実施。

専用車両1両を普通列車に連結して運行している。




https://www.ehime-np.co.jp/article/news201909150006