65歳以上、最高28・4% 高齢化進行、世界で突出

総務省が15日発表した人口推計によると、65歳以上の高齢者は同日時点で前年より32万人多い3588万人、総人口に占める割合は0・3ポイント増の28・4%と、いずれも過去最高を更新した。

16日の敬老の日を前に集計した。

2018年に仕事に就いていた65歳以上は最多の862万人。就業者全体の12・9%で、空前の人手不足を支える重要な戦力になっている。

世界的にみると、65歳以上の割合は2位のイタリア(23・0%)、3位のポルトガル(22・4%)を引き離し、突出して高齢化が進んでいる。

国立社会保障・人口問題研究所の推計によると、この割合は今後も上昇する。




https://www.ehime-np.co.jp/article/ky201909100470200022