菅官房長官「押し切られていない」=日米貿易交渉

菅義偉官房長官は26日の記者会見で、日米貿易協定交渉で日本による米国産農産物への市場開放が決まる一方、米国の自動車関税の撤廃が見送られたことについて「米国側に押し切られたという指摘は全く当たらない」と述べ、日本が一方的に譲歩したわけではないと主張した。

菅長官は「昨年9月の日米共同声明に沿って一致した。極めて有意義なことではないか」と述べ、環太平洋連携協定(TPP)の水準を超える農産物の関税引き下げは認められないとしてきた日本の主張は通ったと強調した。 




https://news.goo.ne.jp/article/jiji/politics/jiji-190826X446.html