小澤征爾さん、2年ぶり松本へ 「やっと来られた、自分の場所」

指揮者の小澤征爾さん(83)は17日、総監督を務める音楽祭「セイジ・オザワ松本フェスティバル」が開催中の長野県松本市で、記者団の取材に応じ「やっと来られてうれしい。松本は僕にとって、自分の場所みたいなもの」と語った。

小澤さんは昨年のフェスティバルでは全公演を降板しており、松本入りは2年ぶり。

今回、公演で指揮をするかは未定だが「僕、指揮したいですよ。指揮させてください」と意欲を見せた。

体調については、ステージ上で足踏みしながら「まあまあ見ての通りですよ」と、笑顔で話した。

フェスティバルは9月7日まで、松本市などで開かれる。




https://www.at-s.com/news/article/culture/national/670546.html