揺らめく灯籠、御利益あれ 袋井・法多山

袋井市豊沢の法多山尊永寺で9日、法多山万灯祭(実行委主催、静岡新聞社・静岡放送後援)が始まった。1500基の灯籠が幻想的な光景を演出し、多くの人が揺らめく光を眺めた。10日まで。

同寺によると、7月10日の縁日は1度の参拝が4万6000日分に相当するとされ、一年で最も御利益があるという。

本尊の厄除(よけ)観音への感謝や無病息災、家内安全を祈願した灯籠が本堂前や石段に並び、参拝者が写真を撮るなどして楽しんだ。

10日は午前8時半から法要を行い、灯籠は午後9時まで点灯する。厄除ほおずき市やステージイベントなどもある。




https://www.at-s.com/news/article/topics/shizuoka/655588.html