なぜセルフ給油は勝手に止まる? 車種毎に給油口の角度や大きさに決まりはあるのか

給油機が勝手に止まるときはどうすればいい? 給油口の角度や穴の大きさに決まりはあるのか

クルマが走るために必要な燃料は、一部のEV車やLPG車に乗っている人を除けば、ほとんどの人がガソリンスタンドのお世話になっていることでしょう。

給油口の中身はどうなっている?

最近ではスタンドのスタッフが給油するフルサービス店よりも自分で給油するセルフ式のスタンドが増えており、自ら愛車に給油する機会も多くなってきたのではないでしょうか。

セルフ式スタンドで給油するときに、まだ満タンには程遠い状態にもかかわらず、吹きこぼれ防止のオートストップがかかってなかなか給油できない状態に陥ることがあります。

何度やってもスムーズに給油できないときはイラっとしてしまいますが、なぜ勝手に止まってしまうのでしょうか。

じつは、給油ノズルの先端には燃料を吐出する部分とは別に、空気を取り込む穴が開いています。満タンになるまではその穴から空気が入りますが、燃料が満タンになることでその穴がふさがり、給油機が満タンになったと判断して自動で燃料をストップするという仕組みです。

では、なぜ満タンになっていないのにオートストップがかかってしまうのかというと、この空気を取り込む穴に燃料がかかってしまうからです。

その理由はさまざまですが、燃料は比較的泡立ちやすい(とくに軽油)ため、勢いよく給油した際に発生した泡を検知してしまう場合や、燃料タンク内の空気を排出するために設けられたブリーザーパイプから空気と共に出てきた燃料を検知することがあります。

そして、パイプのレイアウトによってスムーズに燃料が流れずに、跳ね返ったものを検知してしまう場合などが考えられます。

とくに最近のクルマは、燃料タンクの位置も昔のようにトランク付近と決まっておらず、複雑なパイプレイアウトとなっていることも要因のひとつになっています。

燃料タンクまでの配管レイアウトは決まっている?

燃料タンクの配管レイアウトは法律で事細かに決められているわけではなく、「燃料タンクおよび配管は、堅ろうで、振動、衝撃などにより損傷を生じないように取り付けられていること」とだけ定められています。

「燃料配管の継手、弁等は排気管、消音器など高熱を発する装置に近接して設けられていないこと」といった決まりはあるものの、レイアウトや配管の径などはとくに定められていません。

そのため、クルマによっては空気が抜けにくかったり、燃料が跳ね返りやすかったりするレイアウトになってしまうこともあるというわけです。

ちなみに、給油口の位置については「燃料タンクの注入口およびガス抜口は、排気管の開口方向になく、かつ、排気管の開口部から300mm以上離れていること」と定められています。

初代 トヨタ「セリカ」などは、テールランプの間に給油口がありましたが、排気管(マフラー)の開口方向となるため、現在では見ることができないレイアウトです。

セルフ式スタンドのオートストップが誤作動する原因は分かりましたが、スムーズに給油する方法はないのでしょうか。

満タンではないのに止まってしまうことを、ここでは「誤作動」と書いていますが、オートストップ機能が働くのは空気口が燃料で塞がれたときであり、実際に満タンになってはいないものの燃料によって塞がれているのは事実で、誤作動というのは適切な表現ではないかもしれません。

オートストップが作動することを嫌って給油ノズルをしっかり奥まで入れない人や、トリガーを浅く握る人もいるようですが、これは万が一のときにオートストップが作動せず、燃料があふれ出る危険性をはらんだものなのでオススメできる行為ではないです。

どうしても給油がストップしてしまう車種の解決法としては、給油ノズルを差し込む角度を少し調整してあげることくらいしかできないので、もしも満タンになる前にオートストップが作動しても、「ちゃんと仕事してるな!」くらいの広い心を持って給油することが一番なのかもしれません。




https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190708-00010001-kurumans-bus_all