ダライ・ラマ誕生日に声明 亡命政府「チベット人は団結」

チベット仏教最高指導者ダライ・ラマ14世は6日、84歳の誕生日を迎えた。

チベット亡命政府(インド北部ダラムサラ)は声明を発表し、ダライ・ラマが現在の中国チベット自治区ラサから脱出して今年3月で60年が過ぎたが「チベット人の魂は強く、団結している」と表明した。

ダライ・ラマは1959年3月のチベット動乱を機に亡命。現在はチベットの独立ではなく高度の自治を求める「中道のアプローチ」を訴えているが、中国は「分裂主義者」と批判している。

亡命政府は声明で「対話を通じた解決を目指す中道のアプローチは国際社会も支持している」とした。




https://www.at-s.com/news/article/international/654523.html