豚まん生産能力3倍へ「あぐり窪川」四万十町に新加工場起工

高岡郡四万十町平串の道の駅「あぐり窪川」の豚まん加工場の起工式が1日、道の駅に隣接する建設予定地で行われ、関係者約30人が工事の安全を祈願した。

同道の駅は1999年に開業し、町などが出資する株式会社「あぐり窪川」が運営。豚まんは年間45万個を売る人気商品となっている。




https://www.kochinews.co.jp/article/289794/