小型機、590億円 三菱重、ボンバル事業買収

三菱重工業は25日、カナダ航空機大手ボンバルディアが手掛ける座席数50~100の小型旅客機の事業を買収する契約を結んだと発表した。

ボンバルディアに現金5億5千万ドル(約590億円)を支払う。ボンバルディアが持つ顧客基盤を生かし、顧客対応や保守といったサービスを拡充することで、子会社の三菱航空機(愛知県豊山町)が担い、開発が遅れているジェット旅客機スペースジェットの事業をてこ入れする。

ボンバルディアの約2億ドルの債務も引き受ける。ただ事業の譲り受けに伴い、ボンバルディアが事業運営上、保有している約1億8千万ドルの受益権を継承するという。




https://www.ehime-np.co.jp/article/ky201906250531100032