顧客情報5000人分紛失=誤って廃棄か-ゆうちょ銀

ゆうちょ銀行は14日、東京貯金事務センターで管理していた顧客情報5000人分を紛失したと発表した。誤って廃棄した可能性が高く、外部に流出する可能性は低いとしている。

紛失したのは、口座からの送金に使う「振り替え払い出し書」「振り替え払い出し証書」の計約5000枚。

昨年11月7、8両日に東京都内の店舗や郵便局で取り扱ったもので、住所、氏名、口座番号のほか、払い出した金額、印鑑の印影などが記載されていた。紛失は5月29日に判明した。 




https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190614-00000056-jij-bus_all