町長選挙で賭博を主催した疑い 徳之島の男逮捕 

去年、12月に行われた天城町長選挙で、結果を予想する賭博を主催したとして、伊仙町の86歳の男が逮捕されました。

賭博場開張図利の疑いで逮捕されたのは伊仙町小島の家畜売買業・牧世喜雄容疑者(86)です。

県警によりますと牧容疑者は去年12月に行われた天城町長選挙にからみ、賭け客を募り、立候補者2人の当落を予想させる賭けを開いた疑いです。

県警によりますと賭けに参加していたのは徳之島島内の成人男女10人以上で、賭け金は現金で1人数十万から100万円以上だったということです。賭け客と牧容疑者は、電話などで連絡を取り合っていました。

警察は牧容疑者の認否について捜査に支障があるとして明らかにしていません。警察では牧容疑者が他の賭博を日常的に主催していた可能性を含め捜査を進める方針です。

町長選が賭博の対象にされたことについて、天城町選挙管理委員会の松裕博委員長は「選挙管理委員会としてコメントする立場にない」としています。




https://news.goo.ne.jp/article/mbc/nation/mbc-2019061200036283.html