北海道網走、IWC脱退で 最後の調査捕鯨始まる

ミンククジラの生息状況を調べる調査捕鯨が1日、北海道・網走沖で始まった。

小型捕鯨船が6月末まで網走港を拠点に調査し、昨年と同じ47頭をオホーツク海で捕獲する計画。日本政府の国際捕鯨委員会(IWC)からの脱退に伴い、7月から商業捕鯨に移行するため、今回が国内最後の調査捕鯨となる。

地域捕鯨推進協会(福岡市)が実施主体で、網走市のほか、宮城県石巻市、千葉県南房総市、和歌山県太地町の捕鯨船5隻が参加。

クジラの皮膚や眼球の一部などを採取し、DNA型や年齢を調べるほか、胃の内容物を分析、生態の解明や水産資源の管理に役立てる。




https://www.ehime-np.co.jp/article/ky201905290180600010