絶滅危惧種ガンゼキラン清らか 佐川町の牧野公園で見頃

希少なガンゼキランが、高岡郡佐川町甲の牧野公園で黄色の花を咲かせている。爽やかな初夏の光景が訪れた人の目を楽しませている。

ガンゼキランはラン科の多年草。県と環境省の絶滅危惧種に指定されている。

牧野公園では、山の中腹に地元住民らが植え、大切に育てた約2千株が群生。木漏れ日を受けてぷくぷくと膨らんだつぼみが、次々とはじけだした。花は直径4センチほど。ほんのり光を放つような黄色で、園内を華やかに彩っている。

同公園整備担当の町職員、戸梶友子さんは「6月上旬くらいまでは楽しめそう。貴重な花なのでぜひ見に来てもらいたい」と話している。




https://www.kochinews.co.jp/article/278949/