交差点事故どう防ぐ? 全国に広がる歩車分離式信号機の効果とは

交差点事故を減らせるか? 歩車分離式信号機とは

2018年の交通事故件数は、警察庁の発表によると全国で43万601件(負傷者数:52万5846人)でした。事故の原因にはさまざまなものがありますが、なかでもクルマと歩行者との事故が多いのは「交差点」です。

一般的な交差点では、クルマと歩行者の信号表示切り替えが同時に行われるため、両者の動きが交わることになります。

それにより、接触などの事故やトラブルに発展する可能性が高いといえます。このような交差点横断時の事故を防ぐには、どうすればいいのでしょうか。

2002年9月に、警察庁は「歩車分離式信号に関する指針」を制定しました。

歩車分離式信号とは、車両の通過と歩行者の横断が交わらないように、両者の青信号のタイミングを分離している信号機のことです。

歩行者が横断中に車両が横切らないように信号を制御するため、交差点の事故を減少させる効果があります。

2017年3月時点で、歩車分離式信号機は全国で約8900基設置され、全国にある信号機は約20万8100基のため全体の約4.3%程度です。

また、歩車分離式信号にはいくつかの種類が存在し、すべての車両が停止している間に歩行者を横断させ、歩行者の斜め横断ができるスクランブル方式や、斜め横断ができない歩行者専用現示方式、車両用の矢印信号で車両が直進している間に、同方向の歩行者を横断させる方式などがあります。

ほかにも、歩車分離式信号には、交差点での事故を抑制や右左折車両がスムーズに通行できるなど、歩車分離式信号にはいろいろなメリットがあるのです。

2002年に警察庁が全国100カ所の交差点を抽出して歩車分離式信号を調査した結果、人身事故が約4割減少し、このうち人対車両の事故は約7割減少したことがわかっています。

各都道府県では、歩車分離式信号の導入を進めているなかで、宮城県内でも徐々に歩車分離式信号機の設置が増えています。

宮城県警察本部は採用理由について、「県警ホームページにも記載がありますが、『交差点における歩行者の安全性を高めるために、とくに歩行者が多く集まる駅周辺や、福祉施設周辺、学童通学路等を中心として歩車分離式信号機を導入しております』」と説明しています。(一部引用)

また、歩車分離式信号機の設置数に関しては、「2013年には、『スクランブル方式』『歩行者専用現示方式』『右左折車両分離方式』を合わせて76基設置していました。2017年時点では、144基と少しずつではありますが増えています」と話しています。

歩車分離式信号機の設置は、単純なコストだけではなく周辺住民や利用者の理解・認知も課題のひとつとなり、全国に点在する交差点に順次導入するには時間がかかります。しかし、信号交差点における交通事故の防止には、有効とされることから、今後の普及に期待は高まっています。

歩車分離式信号の注意点とは

歩車分離式信号には、信号機に「歩車分離式」や「スクランブル方式」といった補助板が設置されている場合があります。このような補助板がある交差点では進行方向の車両用信号に従い、周囲の車両の流れへの注意が必要です。

車両運転時の注意点としては、同じ進行方向の歩行者用信号が青になったタイミングで、車両が「うっかり発進」する可能性があります。

歩車分離式信号では、歩行者用信号が青になっても、進行方向の車両用信号が青になるとは限りません。右左折する場合も矢印信号で指示されることがあるので、思い込みで発進しないようにしましょう。

うっかり発進は歩行者にもいえることで、信号待ちの際、同じ進行方向の車両が発進すると、つられて歩行者も横断する可能性があります。

その交差点を初めて通行する人は、歩車分離式信号であることを知らずに横断してしまう可能性があるので注意が必要です。

自転車の場合は、歩行者用信号機に「歩行者・自転車専用」の補助板があれば、それに従うようにします。また、自転車は軽車両です。乗車時は車両用信号に従い、歩行者用信号機が青色で渡る場合には、自転車から降りて横断しましょう。

なお、交差点の信号機は、通常、東西方向が赤なら南北方向は青の2種類ですが、歩車分離式信号では、両方向の車両を停止させ、歩行者専用の3つめの信号が加わる場合があります。

そのため、車両や歩行者も青信号までの待ち時間が長くなることから、歩行者が横断できる時間が短くなることも考えられるのです。対策としては、青信号の時間が延長できる交通弱者用の押しボタン信号機の設置が検討されています。




https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190519-00010002-kurumans-bus_all