「ぎこちない」「手先が不器用」な発達性協調運動症 同じ動きや声を繰り返す「チック症」…こころの問題と関連することも

本田秀夫「子どものココロ」

小学6年生のGさんは、幼児期によく転んでけがをしました。今も、歩いていて机の角に体が当たって物を落としたり、ちゃんと前を見て歩いているのに段差につまずいたりすることがときどきあります。

学校生活では、体育の時間が憂うつでなりません。ボールを投げる動作や蹴る動作がうまくできないため、球技は大の苦手です。ダンスも振り付けをうまく覚えられません。走るフォームがぎこちなく、短距離走は遅いのですが、持久力はあるので、中距離走や長距離走では比較的良い記録を出すことができます。

小学4年生のHくんは、手先がとても不器用です。字を書くことや絵を描くことがとても苦手で、一生懸命に書いても形が整わず、バランスが悪くなってしまいます。

箸もうまく持てず、小さな物はうまくつまむことができません。洋服のボタンやファスナーの操作にも時間がかかります。学校では、図工の時間や作文の時間などがくると、表情が暗くなります。

小学3年生のIくんは、最近ギュッと目をつぶる動作をすることが増えました。走り回って遊んでいるときなどはそれほど目立たないのですが、授業中や宿題をやっているときなどには、この動作が増えます。親が注意すると、動作を止めることはできますが、しばらくするとまた始まります。

発達性協調運動症 苦手なのは「粗大運動」か「微細運動」か

今回ご紹介するのは、「発達性協調運動症(DCD)」と「チック症」です。

DCDの子どもたちは、麻痺(まひ)などの神経学的異常がないにもかかわらず、身体の複数の部位を協調させて行う運動(協調運動)がうまく行えないために、日常生活や学業に支障をきたします。

協調運動には、歩く、走る、姿勢を変えるなどの「粗大運動」と、スプーンですくって食べる、ボタンをはめる、ひもを結ぶ、鉛筆で字を書くなどの「微細運動」があります。

DCDでは、これらが全体的に苦手な場合もあれば、一部のみが苦手で、他は問題ない場合もあります。Gさんは粗大運動が苦手なタイプ、Hくんは微細運動が苦手なタイプの例です。

チック症 突発的、反復的な動きや発声など

チック症は、突発的、反復的に、同じ体の動きや発声が見られることが特徴です。

体の動きを主症状とするものを「運動チック」、発声を主症状とするものを「音声チック」、両者とも存在する状態が長期間続くものを「トゥレット症」と言います。

また、運動チックと音声チックは、動きや発声が単純な「単純チック」と、ややゆっくりで目的がある行動のように見える「複雑チック」に分けられます。

単純運動チックでは「まばたきをする」「首を振る」など、複雑運動チックでは「顔の表情を変える」「人や物に触る」など、単純音声チックでは「声を出す」「咳(せき)払いする」「鼻を鳴らす」など、複雑音声チックでは「状況に合わない言葉や好ましくない言葉を言う」などが挙げられます。

全く自分で制御できないわけではなく、一時的であれば、自分で症状を抑えることができます。

自閉スペクトラムやADHDの子に比較的多い

DCDとチック症は神経発達症に分類されており、生まれつき、これらの特徴が出現しやすい素因があると考えられています。こころの問題そのものではないのですが、以下のように、こころの問題と関連することがあります。

まず、自閉スペクトラム症(ASD)、注意欠如・多動症(ADHD)など、他の神経発達症の子どもたちの中にDCDやチック症を併せ持つ子どもが比較的多いと言われています。

また、DCDやチック症の特徴や症状がある子どもは、自信や意欲が低下したり、いじめの対象になったりしやすいということもあります。さらに、チックの頻度は、生活上のストレスの強さとある程度連動することがあります。

過度な訓練より道具の工夫で

DCDの場合は、苦手な運動や動作の訓練をしすぎると、かえって本人の苦手意識が強くなる恐れがあります。本人が苦手さをあまり感じることなく、自発的に生活動作を繰り返すことができるように配慮します。たとえば、他の子とスピードを競わせる場面はなるべく避けるようにします。

また、用いる道具を工夫するのもひとつの手です。

たとえば、食事の場面では「スプーンは、グリップが太くてすべりにくいものを用いる」「平皿ではなく、縁のついた皿を用いて食べ物をすくいやすくする」などの工夫が可能です。

学習場面では、太くて濃い鉛筆や、罫線(けいせん)の間隔の広いノートを用いるなどの配慮もできます。そして、比較的得意な運動、あるいは運動以外で得意なことはほめて、自信と意欲を育てる必要があります。

生活に支障なければ治療の必要ない

一方、チック症の場合は、繰り返す動きや声を止めるよう注意すると、それがストレスとなり、かえって増えてしまいます。何も対応せずに放っておくと、いずれ目立たなくなる場合もあります。症状がなくならず、長く続く場合でも、生活に大きな支障がなければ、とくに治療する必要はありません。むしろ、ストレスが強くなると症状が強まることを逆手にとって、ストレスのバロメーターとして生活管理に活用してもよいでしょう。

トゥレット症のように症状が多彩で目立ち、生活に支障がある場合は、薬物治療をすることもあります。小児科や児童精神科で相談してみてください。

本田秀夫(ほんだ・ひでお)

1964年、大阪府豊中市生まれ。精神科医。信州大医学部子どものこころの発達医学教室教授。同学部付属病院子どものこころ診療部長。日本自閉症協会理事。著書に「自閉症スペクトラム」など。




https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190511-00010000-yomidr-sctch