安価な合葬墓、寺院は懸念「人生の価値考えるとひどい」

秋田市が市北部墓地(飯島)に整備していた1500体分の合葬墓が完成した。

7月には、自宅などに遺骨がある人や市営墓地から改葬する人を対象にした1次募集を行う。使用料が安価なことから人気が予想されるが、寺院からは疑問の声も聞かれる。

合葬墓は、血縁関係などがない複数の人の遺骨を一緒に供養する施設。少子高齢化による「墓じまい」の流れもあり、都市部などで急速に増えている。

秋田市営の合葬墓は、平和公園(泉)に続いて2カ所目。

北部墓地内の一角、約100平方メートルに総事業費約1100万円をかけて整備された。永代使用料は、平和公園と同じく1体1万7千円。毎年の管理料などは不要だ。公営のため、必要経費から算出した額となっている。

これに対し、市内のある寺院の住職は「人生の価値を考えるとひどい」と疑問を示す。この寺は10年以上前に合葬墓を設け、20万円から供養を受け付けている。檀家(だんか)の墓じまいは「時代の要請」と受けとめているが、「管理の方法などが(公営合葬墓は)お粗末過ぎる」とこぼす。

別の寺院の住職も「『一度埋葬したらおしまい』という感じがして釈然としない」と漏らす。




https://www.asahi.com/articles/ASM4B5CLKM4BUBUB00F.html?iref=comtop_8_03