シニアだけに用意された「交通費割引特権」、飛行機6割引も

時間に余裕ができたから、ゆっくり国内旅行にでも行きたい──。シニアだけに用意された各種の割引特権は、使わないともったいない。トラベルライターの白川淳氏が、なかには50歳から利用できるサービスもある鉄道や航空のシニア割引について紹介する。

◆ジパング倶楽部

JRグループ6社が連携した会員制旅行クラブで、男性65歳以上、女性60歳以上(どちらかが65歳以上の場合、配偶者の年齢に関係なく夫婦会員になれる)が入会可能。

年会費は個人会員が3770円、夫婦会員は6290円(入会金無料)。年間20回まで、JRを利用した旅が最大3割引となる。

繁忙期(お盆、GW、年末年始)など割引が適用されない期間もあるが、割引率が高いため、年に数回の旅行で年会費の元はすぐに取れる。

◆JR各社の旅クラブ

JR各社には地域ごとのシニア向け会員組織もある。

JR東日本「大人の休日倶楽部」は、50歳から入会できるサービス。「大人の休日倶楽部ミドル」(50歳〜)は、JR東日本とJR北海道のきっぷが何回でも0.5割引、「大人の休日倶楽部ジパング」(女性60歳〜、男性65歳〜)は、同3割引となる。また会員のみが利用できる、JR東日本、JR北海道の乗り放題パスも季節に応じて販売される。年会費は2575円(年会費2060円+VIEWカード年会費515円=ミドルの場合)で、カード発行には審査が必要となる。

JR東海は「50+(フィフティ・プラス)」があり、東海道新幹線を利用するお得な各種ツアーが企画される。年会費等は無料である。

JR西日本は、同様に年会費無料の「おとなび」を展開する。50歳以上でJ-WESTネット会員に登録すれば、JR西日本の山陽新幹線や特急が3割引以上となる会員限定きっぷや、期間限定で設定されるJR西日本乗り放題の「おとなびWEBパス」などが利用できる。

この他、JR四国は「四国エンジョイクラブ」、JR九州には「ハロー!自由時間クラブ」という、男性60歳以上、女性50歳以上(四国は女性55歳以上)が年会費無料で入会可能な組織もある。

◆航空会社のシニア割引

航空会社にも年齢により優待を受けられる割引が各種揃っている。スカイマーク(シニアメイト1)とエア・ドゥ(DOシニア60)は60歳以上、スターフライヤー(スターシニア)とソラシドエア(65歳からのシニア割)は65歳以上で、事前予約可能な割引を設定しており、ネット予約も可能。各社によって割引率は異なるものの、最高5割引となるチケットも設定されている。

JAL(当日シルバー割引)、ANA(スマートシニア空割)は、65歳以上が対象で、原則搭乗当日に空席がある場合のみに使える割引を設定。なんと割引率は最大6割程度。繁忙期でなければ当日空席があることは多く、早朝便であれば比較的簡単に席を確保できる。事前にネットや電話で空席数を確認して空港に向かうのもいい。なおANAはマイレージ会員登録が必要となるが、当日のみ事前予約可能である。またエア・ドゥにも、「当日シニア65」という事前予約不可の格安料金が設定されている。こちらも最大6割程度の割引だ。




https://news.goo.ne.jp/article/postseven/life/postseven-1348626.html