ダイハツ、191万台リコール ブレーキ関連で問題

ダイハツ工業は11日、軽自動車「ムーヴ」「タント」など22車種計191万6973台(2010年12月~18年9月生産)をリコールすると国土交通省に届け出た。

ダイハツが製造しSUBARU(スバル)が販売する「ステラ」やトヨタ自動車が販売する「ピクシスメガ」なども含まれる。

国交省によると、ブレーキ関連で二つの問題が見つかった。事故は確認されていない。

車の前部にあるパネルの防水加工が原因となった問題では、エンジンルームに雨水が漏れてブレーキ部品に穴が開き、制動距離が長くなる恐れがある。もう一つは、ブレーキ部品への潤滑剤の塗り忘れが原因とされる。




https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190411-00000064-kyodonews-soci