「世界」連載、手記と酷似 袴田巌さん記事で岩波書店が謝罪

強盗殺人事件で死刑判決が確定し、姉らが再審開始を求めている袴田巌さんに関する月刊誌「世界」とインターネット版の記事に、袴田さんの男性支援者が執筆した手記と酷似した部分があり、版元の岩波書店(東京)が謝罪したことが5日、同社への取材で分かった。

同社によると、記事は「世界」2017年1月~18年12月号に連載された「神を捨て、神になった男 確定死刑囚・袴田巌」と「WEB世界」掲載の「はかまたさん」で、いずれもジャーナリストの青柳雄介さんが執筆。男性が昨年11月、少なくとも6カ所の無断使用があると岩波書店に抗議、訂正記事掲載を求めた。




https://www.ehime-np.co.jp/article/ky201904050160900010