新元号「令和」その時… 驚き、拍手 高知県民くぎ付け

たちまち暮らしが、風景が、明日が変わるわけではありませんが。新元号の発表をじりじりと待ちわび、そして、その瞬間。「れいわ?」「令和…」。1日、高知県のあちこちで、その時をカメラに収めました。
 
ひろめ市場で

発表の瞬間、ひろめ市場の観光客たちは、カツオのたたきを前に誰もが箸を止め、目は備え付けのテレビや手元のスマートフォンにくぎ付け(高知市のひろめ市場)

病院のロビーで

テレビに映し出された新元号をメモ帳に書き取った女性(80)は「れ・い・わ。この字と付き合うていかないかんもんね」(本山町本山の嶺北中央病院)

3姉妹ドキドキ

花見客でにぎわう牧野公園で、父親が営む売店を手伝う傍ら、スマートフォンで新元号発表を見守った横畠愛華(まなか)さん(16)、杏音(あかね)さん(12)、遼(はるか)さん(11)の3姉妹。「遅くない?」「あ~、来た来た!」とその瞬間までドキドキ(高岡郡佐川町甲)

はんこ店で

新元号の発表後、早速、はんこの注文書を作る高知市のはんこ店「吉本三星堂」の吉本真さん(54)。「来月1日に元号が変わるまでは、役所や企業から注文がたくさん入ると思う。すぐに生産する作業に入ります」(高知市本町5丁目)

帯屋町で

新元号発表後、ほにや本店の大型ビジョンに「祝 令和」の文字が浮かび上がった。信号待ちをする人が見上げ、拍手をしたり、写真を撮ったり(高知市帯屋町2丁目)

食堂で

テレビに見入るすくも湾中央市場横にある食堂の客ら。新元号がテレビに映ると、静寂の後、「れいわ?」(宿毛市小筑紫町田ノ浦)

昼の居酒屋で

「店番置いてないけど…」と言いつつ、開店前の居酒屋のテレビにくぎ付けになる商店街店主ら。新元号が発表された後、一瞬表情が固まった後、「『れいわ』かー」「うーん、ピンとこん」 (四万十市中村天神橋の天神橋商店街)




https://www.kochinews.co.jp/article/266180/