桜に合わせ夜間開園 はままつフラワーパーク

浜松市西区のはままつフラワーパークで29日、桜の開花に合わせた夜間開園が始まった。来園者はライトアップされた桜やチューリップの写真を撮るなど、普段とは異なる雰囲気を楽しんでいる。

園内には約1300本の複数種の桜が植えられ、職員によると30日現在で全体として五分咲きという。50万球のチューリップも見頃を迎え、色とりどりの共演を楽しめる。観覧車も延長営業し、浜名湖の夜景を同時に楽しむことができる。

ライトアップは4月7日までの午後6~9時(最終入場は午後8時半)。桜の開花状況によって延長を検討するという。




http://www.at-s.com/news/article/local/west/617279.html