4月から スタバが砥部焼マグカップ限定発売 中予8店舗

スターバックスコーヒージャパン(東京)は、砥部焼のオリジナルマグカップ「マグ三唐草」を中予8店舗限定で4月5日から販売する。

地域の産業、素材を取り入れた商品を地元店舗限定で販売する「JIMOTO made series」の10地域目。

マグカップは梅山窯(砥部町)が製作。厚みのある白磁で、底部に呉須(ごす)の深い藍色で唐草模様が描かれている。砥部の山をイメージした形状で、側面にはスタバのマークや「BAIZANGAMA」「CHUYO」などのロゴが入っている。

梅山窯は「砥部焼の良さ、特徴が前面に出ている。地元メードで作り手と売り手、手にする人がつながっていたいという思いで作った。コーヒーと一緒になって世界に砥部焼が広がっていけば」としている。

松山市、東温市、松前町の店舗でのみ販売。5832円。

「JIMOTO―」ではほかに江戸切子(東京・墨田)、三川内焼(長崎・佐世保)などを展開している。




https://www.ehime-np.co.jp/article/news201903290072