浜松市、39~56歳の男性無料 風疹抗体検査と予防接種

浜松市は3月から、風疹の抗体保有率が低い39~56歳(3月31日時点)の男性に、抗体検査と予防接種を無料で実施している。

1962年4月2日~79年4月1日生まれの男性約10万3900人が対象で、抗体検査が陰性だった人に予防接種を行う。実施期間は2022年3月末まで。

市は5月中旬に対象者に無料クーポン券を発送する。発送前に検査を受けたい人は市に直接申し込む。

市健康増進課によると、昨年市内で風疹を発症した人は、40代の男性3人と30代の男性1人。全国では約2900人が発症していて、うち8割が抗体保有率の低い世代の男性だったという。

市は今後、特定健診や事業所健診と同時に抗体検査が受けられるよう、全国健康保険協会(協会けんぽ)や各健康保険組合、市内健診センターに協力を依頼し、対象者の利便性向上を図る。

問い合わせは同課<電053(453)6119>へ。




http://www.at-s.com/news/article/health/shizuoka/614344.html