生前申し込みは割安に 今どきの戒名事情

死後の手続きのなかでみんなが疑問に思っているのが「お布施」の金額。とりわけ戒名を巡っては、高いものだと数百万円を求められるケースがあり、不安に思う人も多い。

最近では費用がわかりやすい“明朗会計”のサービスや、生きているうちに授かる「生前戒名」も広まり始めている。今どきの戒名事情を探った。

「四十九日の法要の費用として70万円の請求を受けた。戒名料のようだが高額であり納得できない」

こんな相談が、全国の消費生活センターに、毎年のように寄せられている。

戒名(または法名)とは一般的に、故人が仏弟子になった証しとして僧侶らから与えられるものだとされる。宗教学者で『戒名は、自分で決める』(幻冬舎新書)の著書がある島田裕巳さんはこう指摘する。

「戒名は、僧侶が出家する人に付ける名前だから、本来は生前与えられるものだった。でも実際には、その人がどう生きてきたかを戒名に盛り込む傾向があるので、死んでからでないと付けにくい。本来の意味合いとは変わってきているのです」

今のように戒名が細かくランク付けされ、亡くなってからお布施の金額によって事実上“買う”ようになったのは、そんなに古いことではなさそうだ。

不透明だと指摘されてきたお布施のあり方に一石を投じたのが、お坊さん派遣サービスの「おぼうさんどっとこむ」(東京都稲城市)。林数馬社長は現役の僧侶でもあり、葬儀などにかかる費用を透明化すべきだと感じていたという。

「友人からこんな相談を受けたことがあります。『父親の葬儀に菩提寺から500万円のお布施を要求され、やっとかき集めた300万円を渡したところ、足りないとして葬儀を放棄された』。こんなおかしな状況を改めるためにも、適正な費用を公表すべきだと思いました」

ホームページで費用を明示すると、仏教のお布施の精神に反するなどとして、仏教界から批判された。それでも林さんは、みんなが納得して葬儀・法要を営めるようにするためにも、「費用は適正でなければならない」と訴える。

「おぼうさんどっとこむ」では戒名の費用は明確だ。

会員(入会金1万円)の場合、「信士・信女」は生前で2万円、葬儀後で6万円。「居士・大姉」は生前で8万円、葬儀後で12万円といった具合だ(いずれも宗派指定なし)。

「生きているうちに少しでも仏教に近寄りやすくするため、生前の戒名料は低く設定しています。生前戒名は死ぬための準備ではありません。せっかく戒名にお金を払ったのだから、『その日から仏教の戒めを守るように』という願いが込められています」(林さん)

生前戒名の動きは仏教界でも広まっている。

浄土真宗では戒名にあたる法名を、生前のうちに授けることに取り組む。ほかにも、生前なら数万円といった比較的安い金額で戒名を授ける寺院が目立つ。ネットで戒名を選べるサービスも増えてきた。

注意点もある。菩提寺がある場合、住職らに相談しないまま戒名をほかで決めると、トラブルのもとになるのだ。長年お世話になった菩提寺に配慮しながら進めよう。

生前に授かるのが“お得”なようだが、やはり多くの人にとって、戒名の問題は亡くなってから直面するもの。適正相場を知っていれば安心だが、簡単ではない。かかるお布施の目安は、地域や宗派、ランクによってまちまちだからだ。

例えば最もランクが高いとされる「院居士・院大姉」なら、100万円以上することも珍しくない。基本的な「信士・信女」でも、30万円以上するケースが目立つ。相場といっても幅広く、寺との関係でもっと安くすむことや、逆に高くなることもある。

前出の島田さんは、戒名は遺族が自由に選べるものではないという。

「寺へのお布施は、地域の共同体の中で決まっていて、檀家の格に応じて分担することになっている。格が下だとされる家は、高いお布施を払ってランクが上の戒名をもらうことは難しい。共同体の中では当然だとされていることだが、外部の人には理解しにくいことです」(島田さん)

戒名料が高騰している背景には、「檀家制度」が限界にきていることもある。

寺は檀家によって維持されてきたが、都市化が進み、寄進する共同体は崩壊しつつある。菩提寺がない人が増える中、寺としては戒名料を高くしないと収入を確保できないという、切実な事情が見え隠れする。

遺族の側にもランクが高いとされる「院号」を授けてもらったほうが、「見栄えがいい」といった感覚がある。先に亡くなった親族に院号があるのに、自分の家族に付けないわけにはいかないといった事例もある。

前出の島田さんは、戒名にこだわりすぎて悩むぐらいなら、付けなくてもいいとアドバイスする。

「戒名は絶対に付けなければいけないものではありません。寺の檀家でなければ、生前の名前である『俗名』のままでもいい。生前に自分で考えることや、故人のことをよく知る家族が付けることもできる。戒名の良いところは、その人がどういう人だったかという人生の集大成を、文字で表現できること。その人が生きた証しとして、墓石や位牌などに残せばいいのです」

個人が自分で考えるとすれば、どうすればいいのか。林さんは、俗名から一字とり、さらに一目見てその人であることがわかる文字を選べばいいという。音の響きにも心配りする。

「性格や趣味のほか、その人が世の中で貢献してきたことなどがいいでしょう。例えば、ずっと鉄工所で勤めてきたのなら『鉄』『鋼』など、自然が好きな人なら『岳』『峰』『雲』なども候補になります」

戒名はもともと、院号などで細かくランク付けするものではないことは、これまでに説明してきたとおりだ。死後の手続きの中でも事務的に進められず、それぞれの価値観が色濃く反映されるものだけに、自分や故人にとってふさわしいものは何か、じっくり考えてみよう。




https://dot.asahi.com/wa/2019031500016.html?page=1