学校給食「パンが出ない」 パン工場は廃業の危機

最近の学校給食では、ひと昔前に比べるとパンが出なくなったといいます。そのワケとは?

この日の献立、久しぶりにパン登場

名古屋市熱田区にある「旗屋小学校」。名古屋市で最初に学校給食を始めた学校です。この日の献立は、米粉パンにマカロニグラタン、キャベツのサラダ。

実はこの給食を巡って、最近ある異変が起きているといいます。

「ご飯が多い」
「普段はパンじゃなくて、ご飯が多い」(児童)

今給食では、パンがほとんど出ないといいます。この日は、11日ぶりにパンが登場しました。残ったパンをめぐって争奪戦が…。

「(パンは)月に3~4回くらい」
「もしかしたら、本当にご飯ばっかりの時代がくるかもしれない」(旗屋小学校 給食調理員)

“愛知県の学校給食の主食について、パン・ご飯の回数を表したグラフ”を見ると、かつてはパン食が中心でしたが、1987年度以降はご飯が中心になっています。

なぜパンからご飯に?

ではなぜ、給食はパンからご飯が占めるようになったのでしょうか?給食の食材を管理する愛知県学校給食会を訪ねました。

「地場産物を(使う)ということが、給食ではテーマとなっていますので。米は日本国内でとれるんですけど、小麦はどうしても輸入小麦なので」(愛知県学校給食会 加藤雅巳 物資課長)

学校給食の歴史は、第二次世界大戦後にまでさかのぼります。当時敗戦国だった日本は、深刻な食糧難。そのため、給食のほとんどがアメリカ産の輸入小麦によるパンが中心でした。

学校給食でご飯が出されるようになったのは、高度経済成長期の1970年代から。それから、徐々に国内の食材を使う方針が打ち出され、ご飯食が中心になってきたといいます。そして、今パンは給食ではあまり見かけない、貴重なモノとなっているようです。

パン工場の多くは、給食用のご飯の製造も行っている

パン工場は廃業の危機?

一方、戦後から長年給食パンを作り続けてきた、愛知県一宮市にあるパン工場「東海パン」では、この現状に対して苦しい胸の内を語ります。

「給食パンは最低でも週2回はいりますね。これ以上パンが減ってくると、パン工場がどんどん無くなる」(株式会社東海パン 長谷川正已 社長)

愛知県学校給食会によりますと、40年前は57軒あった給食パンを作る工場が、最近では半分以下の20軒にまで減ったといいます。その理由の多くが、給食パンの発注が減ったことや後継者不足だといいます。

そのため東海パンでは70年代にご飯の製造も始めました。現在愛知県内で残っているパン工場の多くは、給食用のご飯の製造も行っている所がほとんどだといいます。

「小学校から英語を習う時代なんだから、国際化に遅れちゃいけないでしょう。やっぱりパンを増やさないとまずいでしょう」(株式会社東海パン 長谷川正已 社長)

長年給食パンを作ってきた長谷川社長は、食育の面からもその重要性を訴えています。




https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190306-00010002-sp_ctv-l23