【独自】「空港使用料」未納12億円超 海外の会社や倒産会社など

各国の航空会社が日本国内の空港を利用する際に支払うべき「空港使用料」が未納になっているケースが増えていて、未納金の総額が12億円を超えていることがわかった。

「空港使用料」は、空港の維持・管理費用として、航空会社が国に支払うべきもので、空港を利用する頻度などに応じて、料金は増減する。

国土交通省によると、この空港使用料の未納が増えていて、総額が12億円を超えているという。

海外航空会社による未納がほとんどで、会社の倒産などで徴収できなくなっているものや、最近では、海外からのチャーター機が使用料を支払わないまま、踏み倒すケースが増えているという。




https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20190225-00412809-fnn-soci