配偶者との死別「没イチ」のワナ 遺品に墓、世間の目…どうする?

配偶者と死別した経験を持つ人を指す「没イチ」。

昨今、広まりつつあるこの言葉は、第一生命経済研究所主席研究員だった小谷みどりさん(現・シニア生活文化研究所所長)による造語だ。

没イチになったら、どんな点に気をつければいいのか。

■没イチの落とし穴(1) 何がどこにあるのかわからない

「今の私に足りないものはない」と言い切るのは、没イチ歴8年の玉置憂子さん(54)。

7年ほどの闘病生活の末、夫はがんで逝った。その後、出家した。現在は現役の看護師で僧侶だ。

見送った当初は、幼子2人を抱え悲しみのどん底に。しかしめそめそしていても何も始まらない。人生の再出発を図ろう。玉置さんは「家のリフォーム」を決意。外壁も含め大がかりな修繕をしようと見積もりを取ったが、そのままに。しかし、四十九日を終えたある日のこと。

「一人で夜中に書き物をしていたとき、突然カサッと音がして雑誌が落ちてきた」

雑誌を拾うとその隙間から封筒がぱらり。見ると生命保険会社の名前。翌朝、玉置さんが封筒にあった番号に電話すると、夫が生前に加入していた生命保険だったことが判明した。

「夫が加入していたなんて全く知らなかったので驚きました。何も言わなかったのです」

偶然にも夫の死亡給付金がリフォーム代の見積額と同額だった。「こんなことって、あるんですね」

玉置家はそのお金でリフォーム。レイアウトも大きく変わり、壁紙も一新した。リフォーム後、2階は息子たちの部屋になった。

「夫の死後、私は夫の仕事部屋だった2階には上がれなかった。でも今はできる。環境を変えるって再出発に大切なことだと思いました。カーテン一つ替えるだけでも違うはず」

もし、偶然にも生命保険の資料が落ちてこなければ玉置さんは夫の生命保険の加入すら把握せず、死亡保険金を受け取れなかった。

さらに、

「リフォーム前に整理をしていたところ、たまたま長男が本と本の間から夫のへそくりを見つけました。隠し場所まで言わなくてもいいけど、どこにへそくりがあるのか、それぐらいはメモで残してくれたほうが、残された人が困らない(笑)」

玉置さんは夫の死をきっかけに自分が亡くなった後に子どもたちが困らぬよう「このファイルを見れば何でもわかるから」というエンディングノートを作ったという。そこには保険証書や不動産の登記簿謄本、マイナンバー、かかりつけの病院名や職場関係の連絡先等が記されている。

■没イチの落とし穴(2) 遺品をどうするか

何十年も故人の部屋やモノに手を付けられず、遺品はそのまま、という人も多いだろう。

「故人の洋服やモノにうずもれて生きていくのは精神衛生上良くないと私は思います。過ぎ去ったことにひきずられず次の一歩をまずは踏みだすべき。そのためにも遺品整理は大事だと思うんです」

こう話す玉置さんも、遺品整理には悔いが残る。夫の持ち物を捨てすぎてしまった。目に触れると気持ちがざわざわしたからだ。

「四十九日が過ぎたころ、古伊万里のコレクションとかスカジャンとか親のかたきみたいに全て捨てました。今思えばとっておけばよかったなというのもあるんですよね。時が経てば気持ちは変わる。置いておくのがつらいものは、しばらくトランクルームなどに預け、2、3年経って心が落ち着いたころに向き合えばよかったと思います」

処理に迷っているモノもある。

「写真家だった夫が撮りためたフィルムデータです。火事にあっても、これだけは守れるようにと、夫は金庫を買って保管していました。ただこれらをどうしたらいいのかまでは聞いていなかったから」

いずれ写真集でも作れたらいいな、と考えている。

「老後の楽しみ、かな」

■没イチの落とし穴(3) 墓をどうするか

墓の問題もある。散骨に宇宙葬、樹木葬や合葬墓など、埋葬手段は多々ある。

最近は墓じまいをする家も多いが、没イチ同士で墓の取り合い話が出たケースもある。没イチ歴10年の智子さん(仮名)に、義理の妹である真理さん(仮名)がこんな話を持ちかけた。

「兄さんが眠る墓を私たち家族に譲ってほしい。あなたたち一家も入っていいから。私が墓守になるから」

智子さんの夫が眠る墓には、真理さんの実の両親と、真理さんの子どもが眠っている。とはいえ、結婚した身であるのになぜそんな非常識なことを言いだすのか。智子さんは不思議に思い即、断った。

「後で知りましたが、真理さんの夫が危篤だった。墓がないのを心配したのでしょう。息子の代以降で、墓の管理がややこしくなる。断って正解です」

墓はいらないという人も。

小谷さんは夫の遺骨の半分をハワイの海にまき、残りの半分は実家に置いている。火葬場で夫の両親と遺灰を折半したからだ。

■没イチの落とし穴(4) 世間の目とどう向き合う

悲しみを乗り越えて、前向きに明るく生きているときに受ける「世間の冷ややかな目」も落とし穴。

「特に女性の没イチが出歩いていると、『あの人ご主人が亡くなったばかりなのに、もう遊び歩いている』となる。『未亡人は悲しそうにしていろ』という近所の目、社会の圧力が、意外と負担になるんです」

小谷さんは声を大にして言う。

「なんで生きている人が、死んだ人に縛られないといけないのか」

同情はありがたいが、過剰な「かわいそうですね」が没イチを傷つけることもあることを、周囲も知っておくべきなのかもしれない。




https://news.goo.ne.jp/article/dot/life/dot-2019021300011.html