インフル猛威の裏で「季節外れ」のある商品が売れている、なぜ?

インフルエンザが猛威を振るっている。厚生労働省は2月8日、1週間(1月28日〜2月3日)に全国の医療機関を受診した推定患者数が約166万9000人に上ったと発表した。同じ期間に休校や学年・学級閉鎖した保育所、幼稚園、小中学校・高校は6995施設となった。容体が悪化しやすい子どもや高齢者への感染が心配される。

●冬は落ち込むはずのゼリーが売れている

インフルや風邪の対策グッズが話題になる中、ちょっと季節外れの商品の売れ行きが伸びているという。本来は夏に売れやすく冬場は落ち込む商品、ゼリーだ。インフルや風邪で体力が落ちた人向けに買われているとみられる。

森永乳業では、「森永とろけるゼリー」シリーズの1月の売り上げが前年同期比で1割増となった。同社の担当者によると、ゼリー系の商品は冬の売り上げが夏場の約6割に落ち込むのが通例だったが、この商品は1月の売り上げが8月ごろとほぼ同水準を維持しているという。

●「ポカリ」ゼリーや森永製菓「inゼリー」も

離乳食や介護食で蓄積したノウハウを使い、飲み込みやすいタイプにしているといい、同社は主に風邪やインフルエンザで食欲の落ちた子ども向けなどで売れているとみる。小売りの売り場でのPOP(店頭販促物)などを使った認知度アップを強化する方針という。

他社でも、栄養補給に向いている摂りやすいタイプのゼリー系商品が好調だ。大塚製薬によると、同社の「ポカリスエット ゼリー」などを擁する「ポカリ」系ブランドの商品群(飲料含む)の1月販売実績が、前年同期比で19%伸びた。定番飲料のポカリスエットに加えてゼリータイプの商品も売れたとみられる。

森永製菓でも、かつては「ウイダー」ブランドで販売していたゼリー飲料「inゼリー」シリーズの1月の売り上げが、やはり前年同期より6%伸びたという。




https://news.goo.ne.jp/article/itmedia_business/business/itmedia_business-20190208_121.html