過去最大、世界的株安や円高で 年金運用、14・8兆円の赤字

国民年金や厚生年金の積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は1日、昨年10~12月期の運用結果が14兆8039億円の赤字だったと発表した。

四半期ベースでの赤字幅としては過去最大となった。米中の貿易摩擦などによる世界的な株安で、国内外の株価が大幅に下落したことが要因。急速に円高が進んだことも影響した。

利回りはマイナス9・06%。12月末時点の資産総額は150兆6630億円となった。

ただ、2001年に市場運用を開始して以降の利回りはプラス2・73%、累積収益額は56兆6745億円を確保しており、年金財政上必要な水準は上回っている。




https://www.ehime-np.co.jp/article/ky201902010333800010