長崎県職員は不健康? 健診「有所見者」9割超

長崎県は28日までに、県職員の2017年度の健康診断で「軽度異常」や「再検査」「要精密(検査)」などと判定され、何らかの異常がみられた「有所見者」の割合が92・8%に上ったことを明らかにした。

長崎県職員厚生課によると、職員4095人が受診した健康診断で、有所見者の割合は血中脂質で67・8%に上った。血糖は33・6%、血圧は33・9%が有所見者だった。長崎県職員の平均年齢は昨年4月時点で43・5歳。

同課は「ここ数年、血糖に所見がみられる職員の割合が増加傾向にある」と分析。「高カロリーや油分の多い食品などを多めに取っているのではないか」と推測する。

長崎県は「健康長寿日本一の県づくり」の旗振り役だけに、職員の「不健康」を危惧。2月4日に「オフィスでできる健康体操」をテーマに職員向け健康講座を開くことにした。日本健康運動指導士会県支部の担当者がいすに座った状態でできる体操などを伝授。スーツ姿でも参加できるという。

健康長寿日本一の県づくりは中村法道知事が重要視しており、長崎県はこれまでも職員向けヘルシー朝食会やウオーキング教室を開き“県庁発”の健康づくりのノウハウを発信してきた。同課は「職員が率先し取り組みを実践することが重要」と「不健康」の返上に向けて巻き返しを図る。




https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190129-00000006-nagasaki-l42