はしご乗り、迫力の妙技 浜松市消防局・出初め式

浜松市消防局は5日、新春恒例の消防出初め式を同市中区のアクトシティ浜松周辺で開いた。職員と消防団員ら約1500人が士気高揚を図り、地域防災の担い手として決意を新たにした。

浜松鳶(とび)建設工業会によるはしご乗りではメンバーが次々と妙技を繰り出し、絶妙なバランス感覚を披露した。迫力あるはしご乗りに大勢の見物客から拍手が送られた。

消防車両の展示や救助訓練の実演をはじめ、地震体験車の乗車体験、住宅用火災警報器の設置と交換の呼び掛けなども行った。イベントホールでは長年勤続した消防団員らを表彰した。




http://www.at-s.com/news/article/local/west/585054.html