終末期がん患者4割が苦痛 緩和ケアに課題 がんセンター初の調査

終末期を迎えたがん患者の約4割が、死亡前の1カ月間に痛みや吐き気、呼吸困難などの苦痛を抱えていることが、国立がん研究センター(東京都中央区)が25日発表した初の調査で分かった。介護した家族自身に鬱症状が出る例も2割近くに上った。同センターは「治療や緩和ケアの対策が必要なことが示唆される」としている。

今年2~3月、がん、心疾患、脳血管疾患、肺炎、腎不全で死亡した患者遺族4812人を対象に「医療や療養生活の質」に関するアンケートを実施。2295人から有効回答を得た。

自宅や病院など亡くなった場所で受けた医療に関する全般的な満足度は、がん患者遺族の76%が「満足」と回答。その一方で、死亡前1カ月間の患者の状況について「身体の苦痛が少なく過ごせたか」を尋ねたところ、42%が「過ごせなかった」などと回答した。

介護については、患者遺族の約4割が「負担が大きかった」と回答。患者との死別後、17%の遺族が鬱症状に悩まされていた。

同センターは来年1~3月、終末期の医療や療養生活の現状に関してさらに詳細に把握するため、心疾患などで死亡した患者の遺族約5万人を対象とした調査を実施する予定。




https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181226-00000508-san-soci