反捕鯨国、日本批判強化へ

日本政府が26日、国際捕鯨委員会(IWC)からの脱退を表明したことを受けて、オーストラリアなど反捕鯨国は日本に対する批判を一段と強めるとみられる。一方、ノルウェーやアイスランドといった捕鯨支持国は「IWCの機能不全」を強調することになりそうだ。

反捕鯨国の急先鋒であるオーストラリアは「商業目的でも調査目的でも、あらゆる形態の捕鯨に反対し続ける」(プライス環境相)との立場。IWC脱退後も日本の商業捕鯨再開に向けた動きを注視していくとみられる。

IWC加盟国で日本と同じ捕鯨国のノルウェーやアイスランドは日本を支持している。




https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181226-00000018-kyodonews-bus_all