ホッキョクグマもXマス 餌入りツリーに大喜び 浜松市動物園

浜松市西区の市動物園で22日、ホッキョクグマにクリスマスプレゼントを贈るイベントが行われた。バフィン(雌、27歳)とモモ(雌、4歳)の親子2匹が、飼育員手作りの餌を味わった。

餌はクリスマスツリーをイメージして形を整えた雪に、リンゴやニンジン、牧草などを飾り付けた。ツリーの頂点にはゆでた後に星の形に凍らせたサツマイモをトッピングし、中には遊びに使える漁業用の浮きも入れた。

来園者は2匹が雪にかぶり付いたり、浮きを前足で蹴ったりする愛らしい様子を写真に収めた。夫と来園した女性(62)=東区=は「がっつり食べると思ったら意外にゆっくりだった。仲が良くてほほ笑ましい」と話した。




http://www.at-s.com/news/article/local/west/581204.html