三遊亭小円朝さん49歳で…働き盛りが肺炎で命を落とす持病

「病み患いのモトを断つ」第3回

寒さが厳しさを増し、インフルエンザが流行している。厚労省の発表によると、全国の推計患者数は約6万人。例年、1月下旬ごろにピークを迎え、シーズン全体では1000万人前後を苦しめるといわれる。

インフルとの兼ね合いで注意したいのが、肺炎だ。落語家の三遊亭小円朝さんは今月15日、49歳の若さで肺炎で急逝。今年1月、肺炎で命を落とした落語家の柳家小蝠さんは、さらに7歳下の42歳だった。肺炎で命を奪われないためには、どうすればいいか。東京医大名誉教授の加藤治文氏に聞いた。

「持病があって免疫力が下がっている人は、若くても肺炎になりやすい。よく知られた病気だと、糖尿病とがんです。糖尿病で血糖状態が悪いと、軽い風邪やちょっとしたすり傷が治りにくくなります。靴ずれ程度の傷が化膿し、壊疽を起こすこともあるほどです。

がんも同じ。病気そのものの影響や抗がん剤治療などで免疫力が低下すると、感染症を悪化させやすい。それで、インフルエンザや風邪に感染すると、2次的に肺炎を起こし、最悪の場合、命を落とすことがあるのです」

2人とも肺炎になる前にインフルに感染している。

小円朝さんは入退院を繰り返す生活が数年続いた上、先月末にインフルによる肺炎を併発したという。

小蝠さんは1月7日の高座をインフルで降板。自宅療養していたというが、2日後に意識が混濁し、救急搬送。それから3日後の12日に帰らぬ人に。降板からわずか5日で急逝した噺家は糖尿病を患っていたそうだ。

呼吸器系の病気も、肺炎をこじらせやすい。

「たばこの影響で、肺気腫や慢性気管支炎(総称してCOPD)を起こすと、持続的な炎症で免疫力が低下します。ぜんそくというと小児の病気と思われるかもしれませんが、成人気管支ぜんそくも珍しくなく、40歳で発症するケースもある。そうすると、やっぱり慢性的な炎症が生じるのでよくありません」

■死亡者は97%が65歳以上だが…

数は少ないが、結核やHIVなども、若い人に肺炎死を招く代表的な病気だという。

肺炎は、すべての年齢層を含めた死因の第3位だが、その死亡者は97%が65歳以上で、64歳以下はわずか3%。

つまり、一般には高齢者の病気といえ、80代までは年齢が上がるにつれて死亡者が増える傾向がある。それでも、糖尿病をはじめありふれた病気があると、若くても肺炎で命を奪われかねないということである。では、そんな悲劇を免れるにはどうすればいいか。

「糖尿病やぜんそくなら治療をしっかり受けて、血糖値を適正の値にコントロールしたり、炎症を安定させたりすること。たばこを吸っている人は禁煙すること。それをしっかり守った上で、毎年インフルエンザが流行する前の10月ごろまでにワクチンを接種する。

もうひとつは、肺炎球菌ワクチンです。65歳以上は定期接種の対象ですが、65歳未満でも糖尿病をはじめ持病によって接種が推奨されます。

対象者は、5年ごとに再接種するのが無難です。健康なら、若い人が肺炎で命を落とすことはまれですが、持病がある人は用心に越したことはありません」

まだまだ男盛りの2人の死を無駄にしないためにも、このくらいのことは頭に入れておこう。




https://news.goo.ne.jp/article/nikkangendai/life/nikkangendai-510549.html