袴田さんドキュメンタリー映画 浜松で22日から上映

袴田巌さん(82)を描いたドキュメンタリー映画「48years―沈黙の独裁者」が22~28日、浜松市中区田町のシネマイーラで上映される。国内上映は6~7月の熱海国際映画祭に次いで2度目。砂入博史監督(46)が17日、県庁で発表した。

作品は袴田さんのインタビューや袴田さんが日課にしている散歩の様子が中心。48年間に及ぶ獄中生活や拘禁症状の影響などに焦点を当てた。熱海国際映画祭で特別賞を受賞し、カンボジア、インドネシア、インドでも上映された。

米ニューヨーク大で現代美術を教える砂入監督。2014年に袴田さんの釈放を報じるニューヨーク・タイムズ紙の記事をきっかけに制作に取り組み、「袴田さんの言葉をリアルに伝えたい」とインタビューを重ねた。

初日の22日に舞台あいさつする予定で、「浜松では散歩する袴田さんを見掛ける人も多いはず。映画を通して人柄を感じてほしい」と呼び掛けた。




http://www.at-s.com/news/article/culture/shizuoka/578971.html