0円タクシーに乗った赤坂の夜 乗り心地は意外にも…

タクシーはお金に余裕のある人が乗るものだと思っていたのに、ついに「0円タクシー」なるものが登場した。まさか無料の時代がやってくるなんて。

「タダならタクシーに乗ってみたい!」

そう思い立って、意気揚々とタクシー配車アプリ「MOV(タクベル)」をインストールした。登録に最低限必要なのは名前、性別、生年月日、電話番号の4つのみ。しかも、名前はひらがなでOKという“ゆるさ”が今っぽい。

0円の仕組みはこうだ。「MOV」とスポンサー企業が提携し、タクシー会社にお金を支払う。スポンサーはタクシーをラッピングしたり、車内で自社商品のCMを流せるので宣伝効果が見込める。この三者間で契約が成立するため、乗客はタダで乗ることができるのだ。

スポンサー第一弾には日清食品株式会社が名乗りを上げた。5日から31日まで「どん兵衛」仕様のタクシー50台が都内を走り回る。実施時間は朝7時から夜10時までで、配車可能なのは渋谷区、新宿区、港区、中央区、千代田区近辺と限られてはいるが、東京23区内であればどこまででも無料で連れていってくれる。

■いざ“ゼロタク”を狙うも、最初の壁が……

配車可能区域であることを確かめ、さっそく位置情報を設定してピンを合わせると、近くを走るタクシー情報が表示された。0円タクシーが近くにいる場合、「どん兵衛マーク」の車が現れるようだが、表示されるのは普通の車アイコンのみ。目を皿のようにして探しても、エリアを広げて見ても、どん兵衛は見当たらない。限定50台のハードルを感じながら、しつこく10分ほどタップを繰り返すと、「0円タクシー」が現れた!

慌てて予約し、乗車指定した場所へと向かう。程なくして、アプリに「後6分で到着」の文字が表示された。その間に目的地を入力し、待つこと数分。赤い車体に「どん兵衛」の行灯を付けたタクシーがやってきた。車体には「どん兵衛 天ぷらそば」の写真に「ツキを招く月見そば」のコピーが入っていた。70代くらいだろうか、物腰柔らかな男性運転手と名前の確認をし、0円タクシーの旅が始まった。

記者が乗車したのは8日夜9時過ぎの赤坂見附交差点近く。朝7時から運転し始め、記者はこの日11人目の乗客だという。前の乗客を降ろし、回送マークを外した1秒後にコール(予約)が入ったそうだ。

「回送を外すとだいたい3~4秒くらいでコールが入ります。特に港区はかなりの激戦だと聞きます」(乗車したタクシーの運転手)

秒単位の戦いが繰り広げられていたことを知り、0円への執着を痛感する。この運転手によると、普段タクシーに乗らない20代の利用が多いという。SNSやネットニュースで0円タクシーの存在を知り、試しにと乗ってみた格好だ。

「普段から利用される方は0円タクシーを待つより、近くに停まっているタクシーに乗られるのではないでしょうか」(前出・運転手)

どん兵衛仕様のタクシーへの興奮と物腰柔らかな運転手への安心感からか、「0円タクシー運転手は選ばれし50人なのですか――」

などとついたくさん質問してしまう。

「理由を聞いたわけではありませんが、私の会社で0円タクシーを運転している人を見ると、運転が荒くなく、落ち着いた人が多いような気がします。スポンサーの顔があるのでトラブルは厳禁。丁寧な接客ができるという点を重視したのではないでしょうか。失礼がないように、安全運転で、お客様が写真を撮る場合はご協力するようにと言われています。車を降りてタクシーの前で撮影される方もいます」

タクシー会社に所属しているとはいえ、「どん兵衛」の看板を背負っているも同然。普段の乗務以上に気を使うことも多いのかもしれない。質問を続ける記者に一つひとつ丁寧に返してくれるのも、仕事のうち? 不安になって取り繕うように聞いてしまう。

「珍しいから、同じことをたくさん聞かれてしまうんじゃないですか」

運転手さんは表情を崩さず、

「興味を持ってくださるお客様は多いですね」

切り返しのスマートさに脱帽する。その後も会話を続けていると、ぽつりとこうこぼした。

■0円タクシー 運転手の意外な喜び

「0円タクシーの特徴ではありませんが、いいお客様ばかりだなと感じています。タクシーはピリッとした方や少し高圧的な方もいて、お乗せする前から『次はどんな人だろう』と緊張が続きます。0円タクシーはそういったお客様がいないので安心してお迎えにいけます」

そんな気苦労があるとは知らず、タクシー運転手の悲哀を感じてしまう。確かに、密室で素性の知れぬ相手と2人きりになることも多いタクシーでは常に緊張を強いられるのかもしれない。いわれのないクレームを受けることもあるのだろう。0円タクシーはドライバーにとっても嬉しい存在になっているようだ。他にこんな利点もある。

「年末は書き入れ時でタクシー運転手は勝負モードです。若いドライバーは『頑張るぞ!』と戦闘態勢なので、1日で6~7万は稼ぎます。でも、もう若くない私のような競争に参加できない者にとっては固定給がもらえる0円タクシーはありがたい。数秒で次の方が呼んでくれますから、日清さんのおかげで穏やかに年末を過ごせています」

おしゃべりすること約30分。気がつけば自宅近くに着いていた。移動距離は約8キロで、値段はもちろん0円だった。

「ご乗車ありがとうございました。こちらどうぞ」

1枚のカードが手渡される。

<この度は「0円タクシー」にご乗車いただきありがとうございました。2019年も皆様にツキのある1年が訪れますようお祈りいたします。2018.12>

ツキというよりは執念で乗車したような気もするが、師走の慌ただしさから離れられる一時だった。




https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181209-00000008-sasahi-life