高知県佐川町、越知町役場前輝く きらきらイルミネーション

冬の夜長を楽しんでもらおうと、高知県高岡郡佐川町と越知町の両役場周辺で華やかなイルミネーションが街を彩っている。色鮮やかな電飾の数々が光を放ち、訪れた人々の目を楽しませている。
 
佐川町甲の町役場玄関前では、築山の木が星や球状の電球で飾られ、サンタクロースやトナカイのイルミネーションが一足早くクリスマス気分を盛り上げる。近くの春日川沿いの遊歩道も174メートルにわたって飾り付けられ、“光の並木道”を演出している。
 
佐川町商工会が、佐川町と県の補助制度を活用して実施。担当者は「来年以降もパワーアップさせ、地域の活性化につなげたい」と話している。点灯は午後5時半~同10時で、来年1月4日まで。
 
越知町越知甲の越知町役場玄関前や近くの並木道でも、越知町商工会が「ロマンティックイルミネーション冬物語」と題して光の世界を創出している。
 
役場前では大きなクリスマスツリーが周囲を明るく照らす。近くの並木も青や金色の“光の花”を付け、垂れ下がった電飾が水が流れ落ちるように光る仕掛けもある。点灯は午後5時~午後10時で来年1月11日まで。
 
越知町商工会は8日午後5時から、越知町役場前駐車場で「点灯式イベント」を開く。うどんやタンドリーチキンなどの屋台が並び、越知中学校吹奏楽部や「スーパーバンド。」によるライブもある。
 
問い合わせは越知町商工会(0889・26・1181)へ。




https://www.kochinews.co.jp/article/236246/