「村の駅ひだか」開業4年で買い物客80万人 高知県日高村

節目客に記念品

高知県高岡郡日高村本郷の物販施設「村の駅ひだか」の買い物客が11月20日、80万人に達した。開業4年の節目とタイミングが重なり、担当者は「(レジ通過者)100万人に向けて頑張りたい」と意気込んでいる。

「村の駅」は1992年開業の物販施設「さんさん市」を拡充する形で2014年11月に開業し、年間20万人が訪れる。今年10月末までの1年も20万9千人が来店し、2億3千万円の売り上げがあった。

80万人目となったのは高知市から来た公文範子さん(67)。トマトソースや米、落花生など特産品の詰め合わせ6千円相当や、「村の駅」の直販所で使える商品券5千円分が贈られた。

公文さんは「さんさん市」時代から約20年通い続けているといい、「商品も良くて安いし、生産者のおばあちゃんやお店の人と話すのも楽しい」と喜んでいた。




https://www.kochinews.co.jp/article/233395/