米産牛の月齢制限を撤廃へ 食品安全委「健康リスクなし」

食品安全委員会プリオン専門調査会は15日、牛海綿状脳症(BSE)対策で月齢30カ月以下となっている米国産牛肉の輸入規制について、月齢制限を撤廃しても人の健康へのリスクはないとする評価案をまとめた。

30日間の意見公募(パブリックコメント)を経た上で、食品安全委が根本匠厚生労働相に答申する。厚労省は食肉の処理方法などの細部について米国と協議した上で月齢制限撤廃を正式に決定する。

12月30日の環太平洋連携協定(TPP)発効を前に、牛肉の輸入規制緩和は米国が主張し続け、トランプ政権誕生以降は圧力が高まっていた。




https://www.kochinews.co.jp/article/231858